EXHIBITION

展覧会情報

ラファエル前派の軌跡展

2019年10月5日(土)~ 12月15日(日)

October 5 (Saturday), 2019 to December 15 (Sunday), 2019

ラファエル前派の軌跡展

《ムネーモシューネー(記憶の女神)》
ダンテ・ゲイブリエル・ロセッティ 1881年 デラウェア美術館

1848年、ラファエル前派兄弟団は英国美術の刷新をめざし結成されました。画壇から攻撃された彼らを擁護したのは、偉大な風景画家ターナーを支援する美術批評家ラスキンでした。その思想はロセッティやミレイ、バーン=ジョーンズ、モリスらメンバーの精神的支柱となり、多くの追随者に引き継がれてゆきます。本展では、ヴィクトリア朝美術に輝かしい軌跡を残し画家たちの功績と、彼らを照らしたラスキンの美学をご紹介します。

これからの展覧会一覧へ戻る